CBRより

マーベルは新たなワンショット「インクレディブル・ハルク:コール・バック」を発表した。80年代から90年代にかけて10年以上「インクレディブル・ハルク」を書いてきたライターのピーター・デイヴィッドと、2年間シリーズを描いたアーティストのデール・キーオンが再びタッグを組む。ストーリーはブルース・バナーとハルクが核戦争で被災した地を訪れ、信じられないほどハルクにふさわしい戦いが起こるという。

「インクレディブル・ハルク:コール・バック」はマーベル80周年を祝う特別な号となり、バナーが自身の存在に嫌気がさした時、奇跡が起こる。

「インクレディブル・ハルク:コール・バック」#1は6月より発売予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です