CBRより

マーベルはC2E2にて先日のティザー画像の答えとして、ライターのジョナサン・ヒックマンが手掛ける「X-MEN」シリーズ「ハウス・オブ・X」と「パワーズ・オブ・X」を発表した。

マーベルの編集主任C.B.セブルスキーは「私たちはまだストーリーについて多くを明らかにすることはできないが、これらの新たなストーリーはX-MENとマーベル・ユニバースにおける彼らの場所を再定義するだろう。これらは新しいファンも情熱的なファンも見逃せない歴史的瞬間だ。」と述べた。

この発表の際にX-MENの極めて重要なストーリーとして、第2世代が登場した「ジャイアントサイズ・X-MEN」、1991年の「X-MEN」#1、「エイジ・オブ・アポカリプス」、「ニュー・X-MEN」などを挙げている。

「ハウス・オブ・X」#1と「パワーズ・オブ・X」#1は7月より発売開始。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です