CBRより

映画「X-MEN:ダーク・フェニックス」は当時撮影された結末を変更するために再撮影が行われた。その理由についてジェームズ・マカヴォイがYahoo!とのインタビューで明らかにした。

「終わりが大きく変わった。フィナーレは変更しなければならなかった。少し前に出てきたスーパーヒーロー映画の1つと多くの類似点があった。私達はその事を知らず・・・」とのマカヴォイのコメントの最中に「彼らは撮影現場にスパイを寄越した。そして私達のアイデアを盗んだ。」と同じくインタビューを受けていたマイケル・ファスベンダーが冗談を言った。

映画「X-MEN:ダーク・フェニックス」は2019年6月21日より日本公開。監督:サイモン・キンバーグ、出演:ソフィー・ターナー、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ジェシカ・チャスティン、配給:20世紀フォックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です