CBRより

マーベルはサンディエゴ・コミコンにて、「ハウス・オブ・X」「パワーズ・オブ・X」後のX-MENタイトルのラインナップを発表した。

発表されたタイトルは「X-MEN」「エクスカリバー」「マローダーズ」「ニュー・ミュータンツ」「フォールン・エンジェルズ」「X-FORCE」。

「X-MEN」はライターのジョナサン・ヒックマンとアーティストのレイニル・フランシス・ユーによって描かれ、X-MENは全く新しい可能性を秘めた世界でサイクロプスと彼が選び出した先鋭達の活躍を描く。

「エクスカリバー」はライターのチニ・ハワードとアーティストのマルクス・トゥによって描かれ、ミュータントと魔法世界との間に新たな繋がりが生まれ、新たなキャプテン・ブリテンはローグ、ジュビリー、リクター、アポカリプス等を率いて新たな道を切り開く。

「マローダーズ」はライターのゲリー・ダガンとアーティストのマッテオ・ロッリによって描かれ、栄光の夜明けの中でさえミュータント種族は人間からの迫害と抑圧を受けており、 キャプテン・キティ・プライドは エマ・フロストとヘルファイア・トレーディング・カンパニー、ストーム、パイロ、ビショップ、アイスマンのマローダーズを率いて困難な世界の海を航海する。

「ニュー・ミュータンツ」はライターのジョナサン・ヒックマンとエド・ブリッソンにアーティストのロッド・レイスによって描かれ、サンスポット、ウルフスベイン、ミラージュ、カルマ、マジック、サイファーの古きニュー・ミュータンツメンバーは新たな友人としてチャンバー、モンド―と共に行方不明のメンバーを探しに向かう。

「フォールン・エンジェルズ」 はライターのブライアン・エドワード・ヒルにアーティストのシモン・クドランスキーによって描かれ、サイロックはこの荒玉世界で自分の居場所がわからず、過去からの復讐者が現れる。ケーブルとX-23はすべてのミュータント種族を危険さらす個人的な任務の為にクワノンに加わる。

「X-FORCE」はライターのベンジャミン・パーシーとアーティストのジョシュア・カッサラによって描かれ、X-FOCREはミュータント界のCIAとして半諜報機関、半特殊作戦部隊となる。ビースト、ジーン・グレイ、ウルヴァリン、キッドオメガ、ドミノがメンバーとなるが完璧な世界ではまだ必要ないはず・・・。

「X-MEN」#1、「エクスカリバー」#1、「マローダーズ」#1は10月より発売され、「ニュー・ミュータンツ」#1、「フォールン・エンジェルズ」#1、「X-FORCE」#1は11月より発売予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です