Comicbook.comより

タイカ・ワイティティ監督による映画「ソー:ラブ&サンダー」で、監督自らが演じていたコーグの役割がこれまでよりも大きくなるとHN Entertainmentが報告した。

コーグの役割がどれほど大きなものとなるのかは不明だが、映画「マイティ・ソー バトルロイヤル」よりもはるかに長くなると説明している。

現時点ではこれらの報告は噂程度にすぎないが、HN EntertainmentはMCUの撮影場所と開始日の報告などでかなり良い成績を残している。

映画「ソー:ラブ&サンダー」は2021年11月5日より米公開予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です