CBRより

スパイダーマンはまだマーベル・シネマティック・ユニバースを出ていないかもしれない。

Varietyによると、ソニーとディズニーはスパイダーマンの契約条件の交渉がまだ継続中であるとの報告。報告によると2つのスタジオが新しい融資条件について行き詰まっていると主張しており、マーベル・スタジオ社長のケビン・ファイギは契約が成立しない場合、プロデューサーとしてスパイダーマンのフランチャイズを終了する可能性がある。

当初の報告ではパートナーシップ解除の決定は、「ディズニーとソニー・ピクチャーズが共同融資で利子を与えていた新しい条件にソニーが合意することができない」ことに起因している。ディズニーは将来のすべてのスパイダーマンプロジェクトが、マーベルとソニーの間で50対50のフランチャイズ契約であることを要求したようだが、ソニーは拒否した。代わりにソニーは現在の取引を維持しておくことを提案し、マーベルはマーチャンダイジング権を維持しながら、公開初日から総興行収入の約5%を引き続き受け取ることとなるが、ディズニーはこれを拒否した。

現在、計画されている次の2つのスパイダーマン映画に関しては、「ホームカミング」と「ファー・フロム・ホーム」の監督ジョン・ワッツと俳優のトム・ホランドが戻ってくることが期待されているが、契約が終了となればマーベル・スタジオの社長ケビン・ファイギはプロデューサーとして映画に関わることがなくなり、マーベル・シネマティック・ユニバース作品ではなくなる可能性がある。

新たな契約条件をソニーが飲むか、ディズニーが譲歩するか、流動する2つのスタジオの契約には今後の報告にも注目が必要。

映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」は2019年6月28日より日本公開中。監督:ジョン・ワッツ、出演:トム・ホランド、ジェイコブ・パタロン、ゼンデイヤ、サミュエル・L・ジャクソン、ジェイク・ギレンホール、配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です