CBRより

リブート版「チャーリーズ・エンジェル」に出演するクリステン・スチュワートは、過去に彼女のセクシュアリティを隠せばマーベル映画の役を獲得できるかもしれないとアドバイスを受けたことを明かした。

Harper’s Bazaarとのインタビューでスチュワートは「私は『もしあなたが自分自身を好きならば、あなたは人前でガールフレンドの手を握って外に出かけないようにすれば、マーベル映画を手に入れるかもしれない。』と完全に言われた。私はそのような人々と働きたくない。」とコメントした。

また男性と女性の両方とデートしたスチュワートは、彼女が異性愛者、両性愛者、またはレズビアンとして識別しないとも話している。「私たちは皆、ある種の場所にたどり着いたと思う。私にはわからないが、進化は奇妙なこと。私たちは皆、信じられないほど曖昧になりつつあると思う。」

映画「チャーリーズ・エンジェル」は2019年11月15日より米公開予定。

トワイライト~初恋~
¥ 199
Amazon.com Int’l Sales, Inc.
アクトレス 女たちの舞台(字幕版)
¥ 400
Amazon.com Int’l Sales, Inc.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です