CBRより

映画「ジャスティス・リーグ」で「アクアマン」を演じたジェイソン・モモアは引き続きスナイダーカットを求めている。

モモアは途中で降板したザック・スナイダー監督の「ジャスティス・リーグ」に対する当初のビジョンを人々に見てもらいたいと声を上げており、Instagramにてアクアマンが映画の悪役ステッペンウルフをトライデントで串刺しにした画像を公開した。写真にはスナイダーカットでステッペンウルフを殺したと示唆されているワンダーウーマンが後ろに立っている。モモアは写真と共に「#releasethesnydercut」と投稿している。

View this post on Instagram

#releasethesyndercut 😜😜aloha j

A post shared by Jason Momoa (@prideofgypsies) on

スナイダーは家族の悲劇の後、「ジャスティス・リーグ」の制作からを去った。引き継いだ監督のジョス・ウェドンは、映画に明るいトーンをもたらすための再撮影を完了するために呼ばれた。映画のスナイダーカットの噂はすぐにオンラインで注目を集め始めた。スナイダー自身を含め、制作に携​​わった何人かの人々は、映画のそのバージョンについて公に議論した。これはおそらく、監督の「ジャスティス・リーグ」に対する当初のビジョンとより一致している。

映画「ジャスティス・リーグ」のスナイダーカット版のリリースは発表されていない。

コメントを残す