ComicBook.comより

ザック・スナイダー監督は映画「ジャスティス・リーグ」の制作途中で起きた家族の悲劇ために降板し、ジョス・ウェドン監督が役割を引き継いでより明るいテイストの映画になったと言われている。

ファンは映画公開後からすぐにスナイダー監督の意図したバージョン、スナイダーカットを要求しており、最近では「アクアマン」を演じたジェイソン・モモアもスナイダーカットの公開を求めていた。そして、今回映画でサイボーグを演じたレイ・フィッシャーも、未公開だった新たな写真を共有しスナイダーカットを支援している。

写真にはステッペンウルフと対峙するサイボーグが写っているが詳しい内容については明かされておらず、どのシーンについてなのか推測するのは難しい。

今のところ映画「ジャスティス・リーグ」スナイダーカット版の公開は予定されていない。

ジャスティス・リーグ(字幕版)
¥ 199
Amazon.com Sales, Inc.
ジャスティス・リーグ:新たなる正義 (ShoPro Books)
スコット・スナイダー, ジェームズ・タイノンIV and 小学館集英社プロダクション
¥ 2,750
Amazon.co.jp

コメントを残す