公式より

競技型デジタルアート LIMITS(リミッツ)を運営する、株式会社ピーエイアイエヌティ(本社:東京都渋谷区神宮前 代表取締役 大山友郎、以下P.A.I.N.T. Inc)は、ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、 以下ディズニー)との契約に基づき、“マーベル・ヒーロー”をテーマにした、競技型デジタルアート「マーベル デジタルアートヒーローズ powered byリミッツ 〜スペシャルエキシビジョンマッチ〜」を開催いたします。

© Copyright 2015 – 2019 P.A.I.N.T. Inc. All Rights Reserved. © 2019 MARVEL

2019年11月22日(金)から24日(日)にかけて開催される、日米ポップ・カルチャーの祭典「東京コミコン2019」 のメインステージにおいて、特別に「マーベル デジタルアートヒーローズ powered byリミッツ 〜スペシャルエキシビジョンマッチ〜」を開催。リミッツレジェンドと呼ばれる、過去の大会で優秀な成績を残したアーティストが登場するスペシャルエキシビジョンマッチは、リミッツ公式YouTubeチャンネルで配信いたします。

▼LIMITSとは
2015年大阪ではじまった、アートの制作過程を評価し勝者を決定する競技型デジタルアート。
選手は液晶タブレットを使用し1対1で対戦。試合直前に決定する制作テーマを元に20分間のアートを制作。「アイデア」「スピード」「テクニック」「ビジュアルストーリーテリング」という4つの評価基準で採点し、オーディエンス投票を加えた100点満点で勝者を決定する。2019年に開催されたリミッツ・ワールドグランプリは優勝賞金500万円。
『クリエイティブスポーツ』を標榜し、より競技性の高いアート表現として注目を集めている。
2019年11月より新シリーズとして「オンラインマッチ」を開催。

▼マーベル・エンターテイメントについて
マーベル・エンターテイメントはウォルト・ディズニー・カンパニーの100%子会社で、世界有数のキャラクターをベースにしたエンターテイメント企業です。スパイダーマンやアイアンマンなど8,000を超えるキャラクターを保有し、80年以上にわたり様々なメディアを通じてコンテンツを提供してきました。マーベルは映画やテレビなどのエンターテイメント、ライセンシング、出版事業、デジタルメディアで大きな成功を収めています。より詳しい情報はMarvel.comをご覧ください。© 2019 MARVEL

▼東京コミコンとは
1970年アメリカ・サンディエゴで誕生した、海外コミック、アニメ、ゲーム、映画などテクノロジーとポップ・カルチャーの世界最大級の祭典。アメリカのみならず、フランス、イギリス、台湾などでも開催され、世界中で話題を集める。『東京コミックコンベンション』(略称:『東京コミコン』)は、アメリカンスタイルをベースに日本のコンテンツを融合しながら、2016年より開催。日米ポップ・カルチャーの祭典として、既存のコミック・映画・アニメーション・ゲームショーなどのイベントと一線を画し、老若男女問わず楽しめるイベントに発展。2019年は11月22日(金)から24日(日)にかけて、千葉県の幕張メッセで開催される。

◇主催 
マーベル デジタルアートヒーローズ powered byリミッツ 実行委員会

アベンジャーズ/エンドゲーム(吹替版)
Marvel Comics #1000
Al Ewing, Various Writers and Marvel
参考価格:¥ 3,304
OFF: 2%
¥ 3,232
Amazon.co.jp

コメントを残す