CBRより

マーベル・シネマティック・ユニバースで「ブラック・ウィドウ」を演じるスカーレット・ヨハンソンは、MCUでの最初のソロ映画に対する個人的な期待を明らかにした。彼女はもしストーリーが自身に感銘を与えなかったら、彼女は「アベンジャーズ/エンドゲーム」にてマーベルから去ることに満足していただろうと説明した。

ヨハンソンはVanity Fairとのインタビューで「私はそれをオリジンストーリーにしたくなかった。私はそれをスパイのストーリーとしてやりたくなかった。私はそれを浅はかな感じにしたくなかった。私はそのキャラクターと一緒にやりたい場所が合った場合にのみやりたかった。何層にもわたって何か深いところに到達しない限り、『エンドゲーム』の仕事をして満足していたため、それを作る理由はないと感じた。何かを搾取するだけでなく、それを行う理由がなければならなかった。」とコメントしている。

映画「ブラック・ウィドウ」は 2020年5月1日 より日本公開。監督:ケイト・ショートランド、出演:スカーレット・ヨハンソン、デヴィッド・ハーバー、フローレンス・ピュー、O・T・ファグベンル、レイチェル・ワイズ等、配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

アベンジャーズ/エンドゲーム(吹替版)
アイアンマン 2 (字幕版)
¥ 199
Amazon.com Sales, Inc.

コメントを残す