CBRより

マーベルは新たなX-MEN系シリーズ「ヘリオンズ」を発表した。シリーズはライターのゼブ・ウェルズとアーティストのスティーブン・セゴビアによって描かれ、メンバーはハボック、サイロック、ナニー、オーファンメーカー、ミスター・シニスター、スカルプハンター、ワイルドチャイルド、エンパスの8人。

エンパスは他の人の感情を操作する能力を持つミュータントで、元々のヘリオンズメンバー。一方、ワイルドチャイルドは、デパートメントHとウェポンXに関連する野生系のミュータント。

ウェルズは「このサンドボックスで遊べる機会を得られるとは信じられない。ジョナサン・ヒックマンと会社はこれほど素晴らしいものを作った。私のお金のためにそれは町で最もエキサイティングなゲームで、精神異常者のこの陽気なバンドを解き放つのが待ちきれない。」とコメントしている。

ゼゴビアは「私はゼブ・ウェルズの作品の大ファンだ。彼のヘリオンズを読んだ瞬間、衝撃だった。これは新しいレベルのミュータントストーリーだ。 我々が調理している魔法を皆に見せるのが待ちきれない。このライドを楽しめることをお約束する!」とコメントしている。

「ヘリオンズ」は2020年3月より発売予定。

House of X/Powers of X
Marvel
参考価格:¥ 7,271
OFF: 16%
¥ 6,127
ブックデポジトリー (Book Depository)
X-Men by Jonathan Hickman Vol. 1
Marvel
¥ 2,357
Amazon.co.jp

コメントを残す