CBRより

マーベル・スタジオ社長ケヴィン・ファイギはブラジルにて開催されたコミコン・エクスペリエンスにて、ディズニー+の「ワンダヴィジョン」にトム・キングとガブリエル・エルナンデス・ウォルタが描いた「ヴィジョン」シリーズから、あるキャラクターを借用するという。そのキャラクターはヴィジョン家族が飼っていたロボット犬スパーキーで、このキャラクターを含める可能性があると示唆した。

ファイギは「ワンダヴィジョン」がキングとウォルタのシリーズから影響を受けているかどうかを尋ねられ、「一部はそう。そのための美しいカバーがいくつかあり、ヴィジョンは郊外にいるといった、いくつかのインスピレーションを得た。そのコミックを知っているなら、そのシリーズのある時点で犬のスパーキーに出会うかもしれないが、それはそのシリーズからインスピレーションを受けただけで、異なる方向に進む。」とコメントしている。

ドラマ「ワンダヴィジョン」は2021年春よりディズニー+にて配信予定。

Vision (The Vision)
Tom King and Marvel
参考価格:¥ 4,845
OFF: 20%
¥ 3,896
ブックデポジトリー (Book Depository)
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー (字幕版)

コメントを残す