Newsaramaより

DCコミックスの2020年3月の勧誘から分かるいくつかのことを紹介。

「ナイトウィング」#70では3人のジョーカーは4人のナイトウィングスと対峙することとなる。グレイソンはディックとリックの記憶の中で、どれが本当の思い出なのかがわからなくなっている。

延期された「スリー・ジャーカー」「バットマン/キャットウーマン」に加え、「ジョーカー/ハーレイ:クリミナル・サニティ」「スクービー・ドゥー ウェア・アー・ユー」「シャザム」が欠けている。

「バットマン・アンド・ザ・アウトサイダーズ」#11ではブラックライトニングがチームから離脱する模様。何が起こったのか詳細は触れられていないが、ラーズ・アル・グールが関係している模様。またチームリーダーとしてカタナが引き継ぐことを示唆している。

「アクアマン」#58ではアクアマンとメラの間に生まれた子供の性別が女の子だと判明する。しかし、メラは昏睡状態で、オーシャン・マスターが娘を狙ってアクアマンは彼女と共に逃げなければならない。

「ジャスティス・リーグ・オデッセイ」#19ではダークサイドが最新世代の致命的なニュー・ゴッズを明らかにする。彼らは迫る新たな脅威に対処しなければならない。

ジャイアントシリーズとして忘れられていたであろう「フロム・ザ・アンノーン」のジャイアントが発売され、過去作の復刻版と新たなストーリーが提供される。更に「タイタンズ・ジャイアント」も発売され、同じく過去作の復刻版と新たなストーリーが収録されるが、詳細については明かされていない。

「ヤング・ジャスティス」#14では4人の新たなメンバーが追加され、レッドアロー、スポイラー、アクアラッド、サイドウェイズが加入する。更にスーパーマンのアイデンティティが明かされたことによるコナー・ケントへの影響も見る。

「ザ・グリーン・ランタン シーズン2」#2ではハル・ジョーダンが地球のパトロールの為に帰ってくる。しかし、彼は退屈しており、侵略者のオルニトメンが出現し彼が対処していく。

「イヤー・オブ・ザ・ヴィラン:ヘル・アリズン」#4ではバットマン・フー・ラフスのシークレット・シックスとレックス・ルーサーのドゥーム・オブ・ドゥームの戦いが続き、ルーサーはキャプテン・コールド、オラクル、ソロモン・グランディ、ブラック・マンタ、ロボを強化し攻撃部隊を集めた。

「ハーレイ・クイン」#71ではハーレイは彼女の悲しみに対処するためにロサンゼルスへ旅立たせた。彼女は新しい友人を失い、その人物を殺した責任について追及しようとしている。何らかの理由でブースターゴールドが関与するが、それは彼女の助けとなるのか、はたまた妨げとなるのか。ヒーローズ・イン・クライシスから続いて2人は殺人者を追っている。

コメントを残す