CBRより

2020年が近づく中、来年は多くの女性ヒーローが活躍する年となっている。Fandangoによる世論調査によると2020年の最も期待されている映画に、「ワンダーウーマン1984」や「ブラック・ウィドウ」、「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey」、「エターナルズ」といったアメコミ映画がトップを占めている。

最も期待されている俳優、女優においても「ワンダーウーマン1984」のガル・ガドットやクリス・パイン、「ブラック・ウィドウ」のスカーレット・ヨハンソン、「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey」のマーゴット・ロビーがリストされている。

また最も期待されている悪役では「ワンダーウーマン1984」からクリステン・ウィグによるチーター、「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey」からユアン・マクレガーによるブラック・マスクがリストされている。

映画「ブラック・ウィドウ」は 2020年5月1日 より、映画「ワンダーウーマン 1984」は2020年6月より、映画「バーズ・オブ・プレイ」は2020年3月20日より日本公開予定。

ワンダーウーマン(字幕版)
¥ 199
Amazon.com Sales, Inc.
アベンジャーズ/エンドゲーム(吹替版)

コメントを残す