ComicBook.comより

CGによって亡くなった俳優を甦らせるのはデリケートな問題であり、最近ではジェームズ・ディーンをデジタルで再現する計画を発表して多くの波紋を呼んだ。

マーベル・スタジオではCGを使ってサミュエル・L・ジャクソンやマイケル・ダグラス等の若いバージョンを行っていたが、亡くなった俳優をCGで甦られることはしないと言及した。

マーベル・スタジオのプロデューサーであるビクトリア・アロンソはYahoo!とのインタビューで、「私たちはそれを考慮していない。サノスとハルクの経験から、ジョシュ・ブローリンとマーク・ラファロのライブパフォーマンスが必要だという非常に明確な見解が得られた。それが画面上の魔法だ。私たちは彼らを相手と同じ位置に置くためにできる限りのことをする。そうすれば最終的な映像でできる限りの輝きを得ることができる。」とコメントした。

以前には2018年に亡くなったスタン・リーのカメオについて、「スタン・リーの代わりはできない。だから私たちは決してやらない。」と言及している。

マーベル・スタジオの最新作映画「ブラック・ウィドウ」は 2020年5月1日 より日本公開。監督:ケイト・ショートランド、出演:スカーレット・ヨハンソン、デヴィッド・ハーバー、フローレンス・ピュー、O・T・ファグベンル、レイチェル・ワイズ等、配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

アベンジャーズ/エンドゲーム(字幕版)
アベンジャーズ/エンドゲーム&インフィニティ・ウォー MovieNEXセット [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
参考価格:¥ 9,240
OFF: 7%
¥ 8,600
エル・クラシコ

コメントを残す