CBRより

FOXによる「X-MEN」シリーズでプロフェッサーXを務めたパトリック・スチュワートは、マーベル・スタジオ社長ケヴィン・ファイギとプロフェッサーXを再度演じることに関して話し合ったと明かした。

Digital Spyとのインタビューで、スチュワートは自分がその役割を再度演じることに興味がないことを明らかにした。スチュワートは「ここに問題がある・・・。もし『ローガン』を作っていなかったら、もう一度その車椅子に乗り、チャールズ・エグゼビアになる準備ができていただろう。しかし、『ローガン』はそのすべて変えた。」と説明した。彼はファイギとの長い話し合いが数ヶ月前に起こり、議論にはチャールズ・エグゼビアが含まれていた。

スチュワートは映画「ローガン」で行われたキャラクターの行く末についての思いを語り、「私たちはストーリーに感動した。(ヒュー・ジャックマンと)お互いに感動した。映画に感動した。キャラクターに別れを告げることも決定した。そういう意味では、それはフランチャイズでの2人の男の死だけでなく、私達の役にも別れを告げた。」と話している。

パトリック・スチュワートのプロフェッサーXは映画「ローガン」で既に完結しており、マーベル・スタジオに移行しても思いに変わりはない模様だ。

LOGAN/ローガン [AmazonDVDコレクション]
X-MEN (字幕版)
¥ 199
Amazon.com Sales, Inc.

コメントを残す