Newsaramaより

マーベルは以前に「最も野心的なシリーズ」として予告したシリーズが、「マーベルズ」となることを発表した。シリーズはアレックス・ロス、カート・ビュシーク、ユルドゥライ・チュナルによって描かれ、マーベル・ユニバースの歴史全体を含んだチームアップが行われる。

シリーズでは各号で異なるキャラクターが登場し、マーベルの発行履歴全体とその非連続性にまたがるストーリーアークを取り上げる。オリジナルのビジョンであるアーカスからマーベルの最新のスーパーヒーローの1つであるエアロまで全員が登場し、チームを組むことさえある。

ビュシークは「『マーベルズ』の全体的なアイデアはすべてのキャラクターをマーベル・ユニバース全体で使用できるようにすることだが、それはすべての範囲のすべての歴史を含む。ストーリーのスレッドが複数あり、それらのスレッドが一緒になって再び分割されたり、会うことさえなかったりする可能性がある。何か重要なことをするが、ストーリーの他のキャラクターに出会うことのないキャラクターが登場する可能性がある。少なくとも、オープニングストーリーラインではそうだ。」とコメントしている。

最初の号では1947年の第2次世界大戦直後の東南アジアで始まり、宇宙へ飛ぶ前のファンタスティック・フォーのリード・リチャーズ、軍隊にいるフラッシ・ュトンプソン、1970年代のソーやアイアンマンを見るという。

「マーベルズ」#1は5月より発売。

created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥2,530 (2021/06/23 07:18:01時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Marvel
¥3,438 (2021/06/23 03:00:00時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す