CBRより

映画「ソー:ラブ&サンダー」の共同作家としてジェニファー・ケイティン・ロビンソンが執筆スタッフに加わった。

Varietyによると、ロビンソンは監督のタイカ・ワイティティと一緒に脚本を手がけると報じている。「ソー:ラブ&サンダー」の撮影は、今年後半に開始される予定。ロビンソンは、2019年のNetflix作品「サムワン・グレート -輝く人に-」で映画デビューを果たした。彼女はまた、MTVのドラマ「スウィート/ヴィシャス」を作成したが、2017年の不運なキャンセル以来、カルト的な支持を少し生み出した。

映画「ソー:ラブ&サンダー」は2021年11月5日より公開予定。

created by Rinker
¥2,500 (2020/02/29 14:11:19時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥399 (2020/02/29 14:15:04時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す