Newsaramaより

マーベルが新たにイベント「エンパイア」のタイイン「エンパイア:ストームレンジャー」「エンパイア:インベージョン・オブ・ワカンダ」「キャプテン・マーベル」「エンパイア:サベッジ・アベンジャーズ」を発表した。

「エンパイア:ストームレンジャー」は全3号のシリーズとなり、ライターのサラディン・アフメッドとアーティストのスティーブン・カミングスによって描かれる。ストームレンジャーとして知られるクリーのナノスーツはかつてミズ・マーベルに結び付いていたが、ストームレンジャーは彼女に反抗した。その、ストームレンジャーの行方を追うストーリーとなり、現在起こっている地球とクリー/スクラル軍の戦いの中で、ストームレンジャーは誰の側につくのかを見る。

「エンパイア:インベージョン・オブ・ワカンダ」は全3号のシリーズとなり、ライターのジム・ザブとアーティストのラン・メディナによって描かれる。ヴィブラニウムが採掘されるワカンダの中心部が、エンパイアのヴィラン達によって脅威にさらされる。ブラックパンサーのエージェント・オブ・ワカンダは、アベンジャーズと共に戦い不在のティチャラに代わってオコエが指揮を執る。しかし、敵の規模は広大で未知数だ。

「キャプテン・マーベル」は#18よりタイインし、ライターのケリー・トンプソンとアーティストのコーリー・スミスによって描かれる。戦争の苦しみの中で、キャロルは大胆な新しい役割とまったく新しい武器であるユニバーサル・ウェポンを得る。事件が発生するとキャロルはスプリーム・アキューザーとしてハルクリング皇帝から現場に送られ、迅速で必要な正義のハンマーを叩きつける。最初は単純な指令だったが、やがてキャロルの個人的な挑戦へと迫ってくる。

「エンパイア:サベッジ・アベンジャーズ」はライターのゲリー・ダガンとアーティストのグレッグ・スモールウッドによって描かれ。南アメリカではコナンが奴隷にされているのに気づくが、コナンを奴隷にしているのは地球外の種族であり、ヴェノムだけが彼が逃れるのを助けることができる。

各シリーズは5月より発売予定。

created by Rinker
Marvel
¥3,307 (2020/02/29 13:55:59時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Marvel
¥2,385 (2020/02/29 21:37:19時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す