CBRより

映画「ソー:ラブ&サンダー」の監督タイカ・ワイティティは、テッサ・トンプソンが賛成した場合にのみ、ヴァルキリーがクィアであることを認めた。

ワイティティはVarietyとのインタビューで、「次の映画でテッサ・トンプソンのヴァルキリーをはっきりとクィアにしたいか?」という質問に対し、「私はそう思う。IPは私のものではない。しかし、俳優と私はどうなるのがキャラクターにとって自然な選択か自然な方法か、快適なものは何でもする。テッサがそれをやりたいなら、私はそうする。」と答えた。

映画「ソー:ラブ&サンダー」は2021年11月5日より米公開予定。

created by Rinker
¥2,500 (2020/06/03 01:25:59時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥399 (2020/06/03 15:30:05時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す