CBRより

DCが「バットマン:アニメシリーズ」からの最新コミック「バットマン:アドベンチャーズ・コンティニュー」を発表した。全6号のシリーズはアラン・バーネット、ポール・ディニ、タイ・テンプルトンによって描かれ、より大きなDCアニメーションユニバースのキャラクターが多数登場するほか、バットマンの不在にはジェイソン・トッドのロビンも活躍する。

ディニは「我々はディック・グレイソンからティム・ドレイクを登場させたが、ジェイソンは除外していた。私たちがこれでやっているのは、遡ってそれがアニメ化されたバットマンの歴史の一部であったことを実際に認めるチャンスだと考えていることだ。初めてあなたはその物語を見て、ジェイソン・トッドだけでなくレッド・フードもやるチャンスだ。アズラエルのような他のキャラクターもいる。アニメの頃にはデスストロークのコミックで人気があった、アニメシリーズで使用したことがない人物も登場する。」とコメントしている。

「バットマン:アドベンチャーズ・コンティニュー」#1は4月よりデジタル配信され、5月6日に紙媒体で発売予定。

created by Rinker
ワーナーホームビデオ
¥973 (2020/09/29 13:10:48時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す