CBRより

DCEUでバットマンを演じたベン・アフレックは2019年に映画「ザ・バットマン」から降板したが、その理由について明らかにした。

アフレックはニューヨーク・タイムズとのインタビューで、アルコールとの問題やジェニファー・ガーナーとの離婚、映画「ジャスティス・リーグ」への否定的な反応が重なり、DCEUから去る決断をした当時を説明した。

アフレックは「『バットマン』の脚本を見せた。彼らは『脚本は良いと思う。しかし、あなたがまた同じ経験を繰り返せば、あなたは死ぬまで酒を飲むと思う。』と言われた。」と明かした。

ベン・アフレックはバットマンとして「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」、「ジャスティス・リーグ」に出演し、「スーサイド・スクワッド」にもカメオ出演した。

アフレックが降板した映画「ザ・バットマン」はロバート・パティンソンが引き継ぎ、2021年6月25日より米公開予定。

created by Rinker
¥199 (2020/04/10 03:25:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥199 (2020/04/10 07:29:57時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す