CBRより

元DCの共同出版者であるダン・ディディオは、彼のDC離脱に対する業界の反応に関して公式声明を発表した。

ディディオは自身のFacebookにて、「押し寄せる愛とサポートに圧倒され、謙虚になり、(すべてにとって初めての)言葉を失う。代わりに5年近く前の2015年4月10日に言われたことに目を向けて、私がどのように感じているかをまとめる。皆愛してる。」とコメントし、約5年前に行った1分半のスピーチのビデオを共有した。

ディディオは2002年にDCの編集部部長となり、後に副編集長に昇進した。2010年に彼はアーティストのジム・リーと共にDCコミックスの共同出版者となった。編集作業以外にもOMACやスーパーボーイ等いくつかのシリーズも執筆した。彼は現在DCの「メタルメン」を書いており、全12号のうち5号までをすでに公開している。 ディディオの離脱によりシリーズが影響を受けるかどうかは不明。

ディディオは共同出版者として、「New 52」によるリブートおよび「リバース」でのリランチの責任者であり、その結果、会社の連続性に大きな変化が生じた。フリーコミックブックデイの「ジェネレーション・ゼロ」に関係している歴史改変についても関わっていることが示唆されていた。これらの計画にとって、このニュースが何を意味するのかはまだ分からない。

created by Rinker
¥1,650 (2022/05/25 02:31:16時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,190 (2022/05/25 07:14:32時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す