Newsaramaより

現在「アベンジャーズ」シリーズを手掛けているライターのジェイソン・アーロンは、クラコア国家を築いた「X-MEN」との衝突を示唆した。

「X-MEN」シリーズはライターのジョナサン・ヒックマンが手掛けており、アーロンは「ジョナサンの計画は展開を続けており、ご存じのようにジョナサンの計画はほんの数年のシリーズや長年のストーリー展開だけでなく、観点から前進する傾向がある。マーベル・ユニバースでのX-MENの立ち位置に関して、このような大きな変化や転換を見てきた。これまで見てきたように、すべてのXブックだけでなく、全体に変化が反映されることを知っておく必要があると思う。しかし、それはマーベル・ユニバースの隅々まで出血することになるだろう。」とコメントした。

また過去に「アベンジャーズ」シリーズを手掛けたヒックマンとのライバル関係に関して問われると、「絶対に必要でない限り、ジョナサン・ヒックマンと同じ部屋にいる必要がない限りは、X-MENがマーベル・ユニバースの大部分であり続けていることを心待ちにしている。」と笑いながら冗談混じりに答えた。

マーベルは4月より新たなイベント「エンパイア」を開始する。

created by Rinker
¥3,190 (2020/10/24 00:35:06時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,530 (2020/10/24 00:35:06時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す