Newsaramaより

「スポーン」の制作者トッド・マクファーレンが27年ぶりに「スパイダーマン」を描き、両キャラクターが共有する「オーバーストリート・コミックブック・プライス・ガイド」のカバーを公開した。

マクファーレンはTwitterにてカバーアートを共有し、投稿には「これはコミックブックの歴史において重要な機会だ。私はマーベルコミックでプロとしてスパイダーマンを描いていたが、去ってから27年がたった。しかし、史上初めてスポーンとスパイダーマンを共に!」とコメントしている。

マクファーレンは、90年代のスパイダーマンの外観を再定義したことで知られている。たとえば、マスクの目をより大きくし、人体をますます奇妙な方法で押し込み、より精巧なウェブを描き、スパイディのスーツの青い部分を暗くしたことなどがある。彼はライターとアーティストの両方を担当して「スパイダーマン」を立ち上げ、1991年の「スパイダーマン」#14を最後にキャラクターを描いた。

マクファーレンはマーベルから去った後、イメージ・コミックを共同設立し、スポーンを作成した。 マクファーレンがスポーンとスパイダーマンを一緒に描いたのはこれが初となる。

「オーバーストリート・コミックブック・プライス・ガイド」は50巻は7月より発売。

created by Rinker
¥3,545 (2020/04/10 11:29:16時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥858 (2020/04/10 11:29:17時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す