CBRより

マーベル・スタジオ作品やDC映画のコンセプトアートを手掛けるジェラド・S・マランツが、キャンセルされた謎のプロジェクトにおける「ウルヴァリン」のコンセプトアートを公開した。

Instagramにて共有されたアートはコミックに敬意を払ったコスチュームデザインだが、プロジェクトの詳細に関しては明かされていない。投稿には「私はいつもウルヴァリンをやりたいと思っていた。ついにチャンスが訪れたが、プロジェクトはキャンセルされた。コスチュームのさまざまなテイクを探る幅広いスケッチをすることができた。それはとても楽しかったが、彼をZBrush(3DCGソフト)で構築できたらよかったのに。ここに私が提出したほんの一部を提供する。」と記載されている。

FOXによるウルヴァリンは映画「ローガン」を最後に見ることは無くなり、今後のMCUでの登場が期待されている。コミックに忠実なコスチュームは映画「ウルヴァリン:SAMURAI」の削除されたシーンで、かつて着ていたコスチュームとして登場しているのみ。

created by Rinker
¥299 (2022/05/21 13:43:12時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2022/05/21 02:19:31時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す