CBRより

DCは「ワンダーウーマン」が6月より新たなクリエイティブチームとなることを発表した。シリーズはライターのマリコ・タマキとアーティストのミケル・ハニンによって描かれ、ダイアナの人生における断片を拾い上げる中、馴染みの脅威が彼女を監視し攻撃のタイミングを見計らっている。

タマキは「コミックのための執筆は、夢のような仕事でありピリオドでもある。それはかなりクール。ワンダーウーマンは私が育ったヒーローで、私の小さなリビングルームでコスプレをした。私はいつも金の投げ縄とインヴィジブル・ジェットが欲しく、ワンダーウーマンを既に書いていたように感じ、一歩前進した。」とコメントしている。

新しいストーリーアークでは、ダイアナはフォー・ホースウーメンとの戦いの後、彼女の人生の断片を拾い始める。人間の世界はこれまで以上にナビゲートするのが複雑になった。おなじみの脅威は、ダイアナのあらゆる動きを監視しており、今こそ攻撃する絶好のタイミング。そして、次号の#760ではマックスウェル・ロードが復活する。

マックスは、人類が提供しなければならない最悪の事態を表している。彼が助けを求めてダイアナの玄関口に現れた時、彼女はどう行動するのか。

「ワンダーウーマン」#759は6月10日より発売予定。

created by Rinker
¥2,530 (2022/05/20 06:16:34時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2022/05/19 21:41:25時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す