ComicBook.comより

マーベルのウルヴァリンは今やマスクをつけていなくても、コミックの中で最も象徴的なルックスを持っているが、このキャラクターがトレードマークのコスチュームを外して見られるようになったのはデビューから2年後のことだった。 濃いめのひげと漆黒の尖った髪を持ち、ローガンの顔と髪型はシルエットでも一目瞭然。

しかし、このデザインとなる前に伝説的なアーティストであるジョン・バーンが作成したマスクを外したウルヴァリンのバージョンを、マーベルの編集者トム・ブレヴォートが公開した。投稿には「デイブ・コックラムによる『アンキャニー・X-MEN』#98でウルヴァリンがマスクを脱ぐ前に、ジョン・バーンは彼がその下でどのような姿をしているのかを考え、このデザインを描いていた。これになったかもしれないもの。」とコメントしている。

デザインは万が一ウルヴァリンがマスクを外す時に備えての素顔のデザインで、全盛期のクリント・イーストウッドのようにも見え、髭やもみあげがなくブロンド髪のように見える。

「ウルヴァリン」のソロシリーズは現在発売中。

created by Rinker
¥539 (2021/02/25 20:32:20時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Marvel
¥2,070 (2021/02/25 02:32:25時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す