CBRより

新型コロナウイルスのパンデミックに起因する懸念は、「ブラック・ウィドウ」が「エターナルズ」の公開日に移動し、それ以降の映画についても同様に後ろ倒しとなり、大規模な再編成となった。 しかし、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのジェームズ・ガン監督によると、3作目はこれらの遅延の影響を受けていないという。

ガン監督はTwitterで、今後公開予定のワーナー・ブラザースによるDC映画「ザ・スーサイド・スクワッド」が2021年8月6日の公開予定日にまだ予定通りに進んでいることを確認した。これに対し、あるファンから「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーVol.3も同じことが言えるのか」という質問に対して、ガンは「今のところ、Vol.3の計画も新型コロナウイルスの前と全く同じだ。」と答えた。

注目すべきは、他の特定のマーベル映画も新型コロナウイルスの結果として遅延を回避することができた。 再編成はマーベルの2020年から2021年のリリース予定作品全体に影響を与えたが、すでに2022年に公開が予定されている作品は延期されていない。 2022年の「ブラックパンサー2」は当初の公開日を維持しており、「キャプテン・マーベル2」も数週間前倒しされている。

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のディスク版及びデジタル配信中。監督:ジェームズ・ガン、出演:クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、デイヴ・バウティスタ、ブラッドリー・クーパー、ヴィン・ディーゼル、リー・ペイス、マイケル・ルーカー、カレン・ギラン、ジャイモン・フンスー、ジョン・C・ライリー、グレン・クローズ、ベニチオ・デル・トロ

created by Rinker
¥299 (2021/12/07 00:14:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2021/12/06 09:54:56時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す