Newsaramaより

エンターテインメント業界が新型コロナウイルスのパンデミックに対処し続ける中、世界中のプロダクションはキャストやスタッフが新しい映画やショーを撮影するために集まることができないため、閉鎖されている。

マーベル・スタジオはフェーズ4全体のスケジュールを後退させているが、アニメ「ワット・イフ…?」に関しては作業がリモートで継続していることを確認した。

アニメ部門の責任者ステファン・フランクはNewsaramaとのインタビューで、「私は普段、日報やレビューのために自宅のスタジオとディズニーのスタジオを行き来しているが、今はすべてリモートでやっている。私が街中で聞いた話では、アニメーションは全員が自宅で安全に仕事ができるため、番組の制作を維持することができている。 スタジオがこれほど早くリモートワークに移行したことを称賛する。 すべてが文字通り数日のうちに実現した。 残念なことに、開発中のプロジェクトやリリースの遠いプロジェクトが休止になっているという話も耳にするが、かなりの数のアニメ関係者が自宅で安全に仕事をしていることには感謝している。」とコメントした。

これまでに「スパイダーマン:スパイダー・バース」や「ヒックとドラゴン」などの作品で活躍してきたフランクは、アニメシリーズの状態を超えて内容自体について多くを明かすことはできないとしているが、「チームの才能と情熱のレベルは桁外れで、私はとても楽しんでいる」と語っている。

アニメ「ワット・イフ…?」は2021年夏よりディズニー+にて配信予定。

created by Rinker
¥1,500 (2021/12/06 18:14:07時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,210 (2021/12/07 10:09:07時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す