CBRより

映画「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」のJ・J・エイブラムス監督が、「ジャスティス・リーグ・ダーク」のテレビ番組をHBO Max向けに開発している。

The Hollywood Reporterによると、ワーナーメディアは「ジャスティス・リーグ・ダーク」と「シャイニング」のスピンオフ「オーバールック」、そして「ダスター」と題されたオリジナルシリーズをストリーミングサービスHBO Maxのために発注したという。 エイブラムスと妻のケイティ・マクグラスは、3つのシリーズすべてをエグゼクティブ・プロデュースするという。 注目すべきはエイブラムスとマクグラスは、2019年9月に締結された契約のおかげで、2024年までワーナーメディアの専属となっていること。

HBO Maxのチーフコンテンツオフィサーであるケビン・ライリーは「J・Jとケイティのもと、ワイルドで想像力豊かなバッドロボットチームとの提携に向けて、なんと素晴らしいスタートを切ることができたことだろう。ワーナー・ブラザースがJ・Jのオリジナルアイデアと、スティーブン・キングやDCユニバースの象徴的なIPで彼らを自由にさせ、HBO Maxでより多くの必見番組を提供することよりも良いことはないだろう?」と声明を発表している。

2011年にDCコミックスの「New 52」のリニューアルの一環として登場した「ジャスティス・リーグ・ダーク」は、従来のジャスティス・リーグの範囲外で魔法や悪魔のような脅威と戦う超自然的なヒーローたちのグループを描いている。 チームの名簿には、ジョン・コンスタンティン、マダム・ザナドゥ、スワンプ・シング、デッドマン、ザターナなどが含まれているが、エイブラムスがチームをどうするかについての詳細は今のところ明かされていない。

HBO Maxは5月より米サービス開始予定。

created by Rinker
DC Comics
¥1,254 (2021/12/07 22:13:35時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,245 (2021/12/08 22:04:25時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す