CBRより

マーク・ウェブ監督による映画「アメイジング・スパイダーマン」からマイケル・ファスベンダーを基にしたコンセプトアートが公開された。

サム・ライミ監督の「スパイダーマン」3部作に続き、ソニーはスパイダーマンをリブートしてピーター・パーカー役にアンドリュー・ガーフィールドを起用した。 映画にはエマ・ストーン、サリー・フィールド、マイケル・シーンも出演し、リス・エヴァンスはカート・コナーズ博士、別名リザードを演じた。 しかし、長年のスパイダーマンのヴィランを演じるために候補に挙がっていた俳優は、エヴァンスだけではなかったことが判明した。

コンセプトアーティストのジェラド・S・マランツはInstagramにて、リザード役のファスベンダーのイメージを共有した。 彼は、リザードの変身を表現するために、より人間的な外観を与えるというアイデアでどのように遊んだかを説明している。 彼はまた、ファスベンダーがこの役にリンクされているときに彼のデザインが作成されたことを明らかにした。

ファスベンダーはその後、「X-MEN」シリーズの過去を舞台にした作品においてマグニートーを演じ、彼により適した役を獲得した。

映画「アメイジング・スパイダーマン」は2012年に公開され、映画「アメイジング・スパイダーマン2」2014年に公開された。

created by Rinker
¥299 (2021/09/24 13:22:39時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2021/09/24 16:46:51時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す