ComicBook.comより

主演クリス・ヘムズワースは監督タイカ・ワイティティからの映画「ソー:ラブ&サンダー」の最新の脚本を賞賛し非常に興奮している。

映画は新型コロナウイルスのパンデミックのために撮影が延期され公開日が変更されているが、ヘムズワースはワイティティが書いた脚本を読む機会を得て、最近のインタビューの間にプロジェクトについてのいくつかの詳細を共有している。

ヘムズワースはPhiladelphia Inquirerとのインタビューで、「ソー:ラブ&サンダー」の脚本は「ここ数年で読んだ中で最高の脚本の1つ。タイカの最高の極みであり、彼の最高の状態だ。 もし私が読んだバージョンが実行されるとしたら、それはかなり狂ったものになるだろう。」と語った。

映画「ソー:ラブ&サンダー」は2022年2月18日より米公開予定。

created by Rinker
¥2,500 (2022/08/13 15:55:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2022/08/14 02:23:42時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す