Comicbook.comより

世界的に家での滞在の命令が持ち上がり始めると、映画館を含めて様々なビジネスも、一般の人々に再開するために政府当局によってゴーサインの兆しが見えている。ここ数日、テキサスやジョージアなどの映画館が近日中に再開するとの報道があったが、映画館自体が営業していてもチケットを買ってもらうのとは全く別の問題となる。映画公開のスケジュールをずらしたり押し戻したりしているため、短期的に公開される新作映画が非常に少ないだけでなく、新型コロナウイルスの蔓延を防ぐための対策が何週間も行われているため、人々は少し警戒しているかもしれない。人々を映画館に呼び戻すための1つのアイデアは、映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」や「アベンジャーズ/エンドゲーム」を含むいくつかの大ヒット映画を再公開することだ。これはルッソ兄弟が支持するアイデアでもある。

先日、CinemablendのReel Blendポッドキャストに出演したジョー・ルッソは、劇場での体験と「インフィニティ・ウォー」と「エンドゲーム」から得たファンの感情的なつながりは、自分と兄弟のアンソニーにとってキャリアのハイライトであり、人々を映画館に呼び戻すための一端を担うことは「大喜び」だと説明した。

ルッソは「劇場での体験は、コミュニティでの体験だ。私たちのキャリアの中で最も感動的だったのは、数週間前にロックダウンが始まり、『エンドゲーム』がソーシャルメディアで話題になった時かもしれない。私たちにとっては、観客と世界の人々を結びつけてくれたことが劇場での体験の強みであり、観客からの感情的なつながりをこの規模で実現した映画に参加したことは本当に感動的であり、私たちのキャリアのハイライトになるだろう。知っての通り、このような映画を利用して再び映画館に足を運んでもらうことは、私たちにとっても大喜びだ。」と語っている。

10年間で最もヒットした映画のいくつかを再上映することは、劇場に人々をもたらすための良い方法であるという考えは、中国の劇場が再オープンのために計画していたもの。この計画にはマーベルのアベンジャーズ映画の4作品すべての再上映や、「アバター」、クリストファー・ノーラン監督の「インセプション」や「インターステラー」などの大ヒット作の再上映が含まれており、観客動員数の増加に貢献している。

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」のディスク版及びデジタル配信中。監督:アンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ、出演:ロバート・ダウニー・Jr.、ジョシュ・ブローリン、クリス・エヴァンス、マーク・ラファロ、スカーレット・ヨハンソン、クリス・ヘムズワース、ジェレミー・レナー、ドン・チードル、ポール・ラッド、ブラッドリー・クーパー、カレン・ギレンほか、配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

created by Rinker
¥2,037 (2022/07/02 07:00:39時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2022/07/03 01:55:15時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す