Comicbook.comより

3時間のランタイムと宇宙の半分を救うために「アベンジャーズ/エンドゲーム」は確かにマーベル・シネマティック・ユニバースの多くの領域をカバーした。その過程で、この映画はかなり多くのイースターエッグとプロットの糸を戦場に持ち込み、その多くはフランチャイズの将来で探求されることが期待されている。その中でも最も推測されているのが、2012年にタイムトラベルした際にテッセラクトを盗むことができたロキの「帰還」である。ロキが最も可能性の高いプロセスで新しいタイムラインを作成したという事実は、今後のDisney+シリーズ「ロキ」で探求されるように設定されている。しかし、それは最初に計画の一部ではなかったと脚本家は明かしている。

ComicBook.comの「アベンジャーズ/エンドゲーム」の隔離ウォッチパーティーで、共同ライターのクリストファー・マーカスとスティーブン・マクフィーリーは、ディズニー+の「ロキ」の為に彼を逃がさせてシリーズの計画を立てさせたのかという質問に対し、「いいえ!私たちはそれが『タイム泥棒』を動揺させるうまい方法だと思っただけ」とコメントしている。

ディズニー+のドラマ「ロキ」シリーズは2021年より配信予定。

created by Rinker
¥299 (2021/11/27 22:46:35時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2021/11/27 08:44:26時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す