Newsaramaより

映画「デッドプール」の俳優/プロデューサーであるライアン・レイノルズは、デッドプールをマーベル・シネマティック・ユニバースに登場させることに意欲的で、その決断に関わった全ての関係者にとって「勝利」であると語っている。

レイノルズはTotal Film(GamesRadar経由)とのインタビューで、デッドプールのMCUへの統合が実際に行われるかどうかについて「本当に分からない。今はマーベルにいるので、とても新しいことばかりで、自分の立場からできる限りのことを考えている。 そのうち分かるだろう。」とコメントした。

レイノルズは12月にディズニーのボブ・アイガーがマーベルがデッドプールの映画を作るだろうと述べている間、デッドプール3のクリエイティブチームは彼らはMCUの一部であるかどうかにかかわらず、マーベルを介して今働いていると述べた。

レイノルズはディズニーとの関係について「私は全くインサイダーのようには感じていない。 もし私たちがデッドプール3を作ることになり、それについてもっと親密になれば、おそらく私はそれについてより良い視点を持つことになると思う。しかし、私はマーベルの大ファンであり、彼らがどのように映画を作っているのかを知っている。 だから、ディズニーがFOXを買収したとき、私はそれを良いことだとしか見ていなかった。 デッドプールがそのサンドボックスで遊べるようになれば、関係者全員の勝利だと思う。 でも見届けよう。」とコメントした。

映画「デッドプール2」はデジタル及びディスク版が発売中。

created by Rinker
¥1,500 (2021/11/29 19:04:51時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,500 (2021/11/30 12:07:33時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す