CBRより

Netflixのマーベルドラマ「デアデビル」で主役のマット・マードックを演じたチャーリー・コックスは、彼と彼の共演者たちはシリーズのシーズンが更新されると確信していたため、オファーされた他の仕事を断っていたと語っている。

コックスはComicBook.comとのインタビューで、「つまり、私たちは皆、私たちが次のシーズンへ行くと思っていた。撮影中だと思っていたし、その準備をしていると思っていたから仕事を断った。」と明かした。「デアデビル」は2018年10月にNetflixで第3シーズンを配信し、11月下旬にはシリーズキャンセルのニュースが間もなく来た。

「デアデビル」のキャストたちは、番組が戻ってくることを想定した十分な理由を持っていた。コックスが語るように、彼は実際にシーズン3のショーランナーであるエリック・オルレソンと元マーベルテレビのボスであるジェフ・ローブに会って、マット・マードックの将来について話し合ったという。「私はエリックとジェフと共に、何が計画されていたのかについて簡単な会話をしたが、私は本当に興奮していた。それは本当にショックだった。誰のせいなのかは分からないけど、政治的なこともあるし、何かが起こることもあるから、舞台裏で何が起こっていたのかは今日まで分からない。」と話している。

ドラマ「デアデビル」はNetflixにて配信中。

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥9,907 (2021/12/07 23:34:03時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥10,668 (2021/12/07 23:29:29時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す