公式より

エミー賞にノミネートされた脚本家のレスリー・ヘッドランドがショーランナーを務め、ディズニー+向けの新しい「スター・ウォーズ」シリーズを開発中であることが正式発表された。

このシリーズは、現在シーズン2のポストプロダクション中のドラマ「マンダロリアン」や、以前に発表された2つのシリーズ、映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のスピンオフ「キャシアン・アンドー」の人生を描いたシリーズと、「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」と「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」の間のオビ=ワン・ケノービの冒険を描いたシリーズに続く。

ヘッドランドは「バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!」、「ロシアン・ドール: 謎のタイムループ」を手掛けており、Varietyによると新たな「スター・ウォーズ」シリーズは女性を中心にしたものとなるという。

シリーズの配信日は未発表。

created by Rinker
¥199 (2021/12/08 21:54:11時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す