CBRより

マーベル・スタジオはまだ撮影の再開時期を持っていない。

業界の残りの部分と同様にディズニーの映画制作は、新型コロナウイルスのパンデミックが世界中に広がりを受けて、約1ヶ月半前に撮影を停止した。 最近の電話会議で、ディズニーの元CEOボブ・アイガーの後継者であるボブ・チャペックは、マーベル映画などの撮影を再開することができるかもしれない時期について「予測はない」と発表した。

しかし、チャペックはディズニーは撮影を再開することが許可された場合に新型コロナウイルスに対して一定の予防措置を取ることに注意した。チャペックは「我々が撮影を進める際には・・・我々はマスクの面で非常に責任を持つことになるだろう」と話している。

さらに、チャペックはディズニーの生産再開へのアプローチをパークの再開計画と比較して、「テーマパークと同じプロセスで大規模な作品を制作している」ことを確認した。 つまり、ディズニーは公衆衛生当局のゴーサインを待ってから生産やパークを再開し、その際には厳しい安全対策を講じることになる。

今回のパンデミックを受けて、ディズニーはすでにマーベルのリリーススケジュールのほぼすべての映画を延期しており、映画「ブラック・ウィドウ」は2020年11月6日公開となる。

created by Rinker
¥199 (2022/11/29 04:34:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥199 (2022/11/28 14:36:33時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す