CBRより

ジョシュ・トランク監督の映画「ファンタスティック・フォー」は、批評家やファンから史上最悪のスーパーヒーロー映画の一つとされている。 北米では5610万ドル、全世界では1億6790万ドルを稼ぎ出し、現在Rotten Tomatoesの評価は9%にとどまっている。 長年にわたり、トランク監督はこの作品の扱いで何度も非難を浴びてきた。 しかし、監督によれば、彼だけが悪いわけではないという。

Varietyとのインタビューでトランクは、この映画の失敗の責任を取る一方で、この映画に携わっていたのは彼だけではないとも述べている。

トランクは「映画が大失敗に終わってその責任の大きさについては、絶対に自分に責任があると思う。 しかし、他のみんなもそうだった。 私がその渦中にいたとき、みんなが間違ったことをしているのは明らかだった。 ネタが出始めたとき、私は指定された落ち役だった。」と語った。

トランクはまた、メディアが映画の舞台裏で起こったことを誤魔化したと考えている。「私は映画で何が起こっていたかについてのメディアの誤りは深いレベルにあると感じた。彼らは私が人々とコミュニケーションを取っていないと言っていたし、ルールに従いたくないと言っていた。私は破壊的な方法で他のみんなの願いに逆らって働いていると表現されていた。 それを読んだとき、私は『そうか、私のことを知らなければその話を信じるだろう』と思った。 でも、それは覚えていない。 覚えていたのは、私がコミュニケーションを取りすぎていたということ。 私はコミュニケーションを取るのに問題はないし、問題があったこともない。 だから『クロニクル』の許可が下りたんだ。 問題は、他の人とうまく噛み合わないアイデアを伝えていたことだった。」と説明している。

トランクの映画は2015年に公開され、スピンオフ作品や続編の話も出ていたが、ディズニーとFOXの合併により、最終的にその時代のフランチャイズに終止符が打たれた。 その後、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、ファンタスティック・フォーがマーベル・シネマティック・ユニバースに参加することを確認している。

created by Rinker
¥1,000 (2020/08/07 03:19:59時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2020/08/06 13:28:53時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す