CBRより

Netflixはジェフ・レミアの「スウィート・トゥース」をロバート・ダウニー・Jrが設立したチーム・ダウニーがドラマ化することを明かした。

シリーズはストリーミング大手のNetflixにより、8時間のエピソードで構成される予定。クリスチャン・コンベリー、ノンソー・アノジー、アディール・アクタル、ウィル・フォーテが主演を務め、ジェームズ・ブローリンがナレーターを務める。

シリーズの概要によると、一部が少年、一部が鹿のガスを主役とし、大変動よって荒廃した世界において、森の中に彼の家を持った。彼はこの新しい世界と彼のハイブリッドの起源の背後にある謎についての答えを求め、自分自身のような人間と動物と子供のハイブリッドに結びついていく。

ロバート・ダウニーJr.が妻のスーザンとアマンダ・バレルと共に、チーム・ダウニーの下でこのドラマを製作する。また、「月影の下で」の監督であるジム・マイクルと、「アロー」の脚本家であるベス・シュワルツもエグゼクティブ・プロデューサーとして参加している。ミックルはシリーズの監督を務め、シュワルツと共同脚本を担当する。チーム・ダウニーとワーナー・ブラザース・テレビジョンが製作を監督する。

テレビ化に先立ち、2009年から2013年まで40号にわたって連載されたコミックシリーズは、レミアがシャスター賞を受賞した。当初はHuluが2018年にシリーズの権利を保有していたが、それが頓挫した。

「スウィート・トゥース」の配信日は発表されていない。

created by Rinker
¥1,800 (2022/11/30 01:23:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2022/11/30 04:34:15時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す