CBRより

2020年はスター・ウォーズのキャラクター、「アソーカ・タノ」にとって大きな年になった。アニメ「クローン・ウォーズ」の第7シーズンが配信され、ロザリオ・ドーソンが「マンダロリアン」シーズン2にタノとしてキャスティングされる可能性があるという噂で賑わせてきた。今、タノはディズニー+の新しいシリーズの対象になっていると報じられている。

ダニエルRPKは「アソーカ・タノのシリーズがディズニー+のために開発されている。」と述べている。

アソーカ・タノが最初に登場したのは2008年の映画「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」で、アナキンの陽気な新米パダワンとして登場したアソーカ・タノは、すぐにその名を知られるようになった。

タノはダース・シディアスの致命的なオーダー66の存者の一人で、元マスターであるアナキン・スカイウォーカー(当時はダース・ベイダー)との対決を含む、短いカメオ出演のためにアニメ「スター・ウォーズ 反乱者たち」に登場した。

created by Rinker
ワーナーホームビデオ
¥18,500 (2021/12/07 08:05:42時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥8,090 (2021/12/06 16:18:36時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す