CBRより

ドラマ「ジェシカ・ジョーンズ」と「ディフェンダーズ」のエグゼクティブ・プロデューサーであるS・J・クラークソンが、「ソニー・ピクチャーズ・ユニバース・オブ・マーベル・キャラクターズ」の下で女性中心の映画を開発するために、ソニー・ピクチャーズに抜擢されたことが明らかになった。

Varietyによると、このプロジェクトは2019年9月に発表されたものの、それ以来ほとんど言及されていないマダム・ウェブの映画になると考えられている。 しかし、ソニーがコメントを辞退したと指摘している。

マダム・ウェブとして知られるカサンドラ・ウェブは、1980年の「アメイジング・スパイダーマン」でデビューした。 カサンドラはテレパシーや透視などの超人的な能力を持っているが、彼女は重症筋無力症、生命維持装置で彼女を残した神経筋疾患と呼ばれる状態に苦しんでいる。 しかし、彼女の能力は霊媒師として働き、スパイダーマンのようなヒーローを助けることを可能にしている。 彼女の死の前に、彼女はスパイダーウーマンのジュリア・カーペンターに彼女のパワーを転送した。

ソニーのマーベル映画は「モービウス」が2021年3月19日に米公開予定。

created by Rinker
¥2,420 (2020/05/30 23:55:48時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2020/05/31 04:52:17時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す