The Hollywood Reporterより

マット・リーヴス監督による映画「ザ・バットマン」に出演するジェフリー・ライトは、スーパーヒーロー映画についての情報を少しだけ提供した。

ジェームズ・ゴードンを演じるライトは、「私の考えは、私たちがやっていることを説明すると、他の映画と同じように、ムードやアイデア、設定、トーンを作るために一緒に作業しているということ。これはこれらの物語が始まった1939年以来の次の進化。これはゴッサムの次の進化だ。だから私は、監督のマットが提供している舞台と、ロバート・パティンソンがやっていることに基づいて仕事をしている。私たちは私たち自身のものでありながら、バットマンでもあるものを一緒に作ろうとしている。」と言及している。

また新たなバットモービルについて、「私はバットモービルの脚本を読んで、私は『うん、それだよ!』と。ブルース・ウェインは、あなたが想像できる最もワルなマッスルカーを作ったが、それはゴッサムに根ざしている。それはアメリカーナに基づいている。」と語った。

映画の製作は現在、新型コロナウイルスのパンデミックのために一時停止中で、公開は2021年夏から2021年10月に延期されている。

created by Rinker
¥299 (2020/05/24 07:38:41時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2020/05/24 09:41:28時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す