CBRより

ソニーはスパイダーマンのスピンオフ映画を今後のプロジェクトのリストにもう一つ追加した。

Deadlineによると、スタジオはソニー・ピクチャーズ・ユニバース・オブ・マーベル・キャラクターズに「ジャックポット」映画を追加したという。 アローのクリエイターであるマーク・グッゲンハイムは、同キャラクターのコミックシリーズにも貢献しており、脚本を執筆することになっている。

ジャックポットは2007年の「スパイダーマン:スイング・シフト」のためにダン・スロットとフィル・ヒメネスによって制作された。 サラ・エレットはオズコープの子会社で働いていたが、そこで彼女のDNAを書き換え、スーパーパワーを与えるウイルスにさらされた。 彼女はしばらくの間ヒーローのジャックポットとなったが、親としての責任からアラナ・ジョブソンに譲ることになった。 サラとは異なり、アラナは自然なスーパーパワーを持っておらず、彼女は彼女の前任者と同じ能力を達成するためにミュータント成長ホルモンを使用しなければならなかった。これによって最終的に彼女の死につながった。

ソニーのマーベル映画は「モービウス」が2021年3月19日に米公開予定。

created by Rinker
¥2,420 (2020/08/10 21:26:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥100 (2020/08/11 14:47:29時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す