CBRより

最近、ソニー・ピクチャーズ・ユニバース・オブ・マーベル・キャラクターズの一部として「ジャックポット」の映画が報じられたが、最新の報告によると「アローバース」のボスであるマーク・グッゲンハイムが2年前からスパイダーマンのスピンオフ作品に取り組んでいることが示唆されている。

ComicBook.comとのインタビューでグッゲンハイムは、「少しごまかしているが、ジャックポットには2年前から取り組んでいる。」と説明している。 ジャックポットの映画のアイデアは2018年に開発が始まり、その間にソニーはスクリーンでキャラクターに命を吹き込むために作業を停止したことがないと主張している。 彼が密かにジャックポットに取り組んでいるというニュース以外に関して、グッゲンハイムは詳細を明らかにしていない。

ジャックポットは、もともと2007年にマーベル・コミックでのスパイダーマンの「ブランド・ニュー・デイ」構想の一環として登場した。 彼女はメリー・ジェーン・ワトソンを匂わせるキャラクターとして考案され、サラ・エレットはオズコープの子会社で働いていたが、そこで彼女のDNAを書き換え、スーパーパワーを与えるウイルスにさらされた。 彼女はしばらくの間ヒーローのジャックポットとなったが、親としての責任からアラナ・ジョブソンに譲ることになった。 サラとは異なり、アラナは自然なスーパーパワーを持っておらず、彼女は彼女の前任者と同じ能力を達成するためにミュータント成長ホルモンを使用しなければならなかった。これによって最終的に彼女の死につながった。

ソニーのマーベル映画は「モービウス」が2021年3月19日に米公開予定。

created by Rinker
¥2,420 (2021/12/07 08:11:24時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥102 (2021/12/06 20:30:57時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す