CBRより

J・K・シモンズはサム・ライミ監督のスパイダーマン3部作でのJ・ジョナ・ジェイムソン役で観客に大きな印象を残した。 そのため、「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」の最後に彼がカメオ出演しているのを見て、ファンは衝撃を受け恍惚としていた。 シモンズはスパイダーマンをさらに脅かすために、その後のMCU出演のために契約したことを確認した。

シモンズはPeopleTVの番組「Couch Surfing」でMCUに復帰すると予想される時期について尋ねられ、「期待しているという言葉を使うかどうかはわからないが、1作目の契約時には、続編を2作作る契約をした。 それはいつも一方的な契約で、それをすることは約束されているが、必ずしもその続編の映画でキャラクターを使用することが約束されているわけではない。 このようなことが進化していく中で、前作の残り物として一員になる機会を得られたことは素晴らしいことだった。」とコメントしている。

シモンズはサム・ライミ監督の「スパイダーマン」3部作で、スパイダーマンを嫌っていて気性が荒く、熱狂的なデイリービューグルの編集長であるジェイムソンを演じたことで知られている。 今日まで、シモンズの描写はこれら映画の普遍的なものとなっており、コミックのパネルに描かれていたキャラクターの作法や態度を完璧に捉えている。

MCUのスパイダーマン映画第3弾は現在、2021年11月5日に公開予定。

created by Rinker
¥3,880 (2020/07/14 21:53:59時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥399 (2020/07/15 06:48:31時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す