CBRより

ドラマ「バットウーマン」はケイト・ケイン抜きで前進している。

Deciderによると、シーズン2では新キャラクターのライアン・ワイルダーがバットウーマンのマントを引き継ぐとのこと。 そのため、シーズン1でルビー・ローズが演じていたケイト・ケインのリキャストは行われないという。

キャスティング通知では、「女性、20代半ば、どのような人種でもよい 」としている。 キャラクターの説明によると、「彼女は好感が持てて、面倒くさがりで、少しグーフィーで野暮ったくない。 彼女はまた、彼女の前にバットウーマンを着ていたケイト・ケインのようなものではない……。 彼女の人生には、彼女を軌道に乗せるための誰もいなかったため、GCPDを避けて、悪習慣で彼女の痛みを隠すために麻薬逃亡者として数年を過ごした。 路地の猫のために牛乳を盗むような少女でも、相手を素手で殺すことができる最も危険なタイプの格闘家である。 レズビアン。 アスレチック。 生身。 情熱的。 堕落しやすい。 ステレオタイプの全米ヒーローではない。」とLGBTQの俳優の応募が奨励された。

先月、ルビー・ローズは衝撃的な「バットウーマン」からの降板を発表した。 彼女の降板について公式に明らかにされている詳細はほとんどないが、最近ではシリーズのキャストやクルーに感謝の意を表したソーシャルメディアの投稿をシェアしている。 それ以来、多くの人が「バットウーマン」の役を単に再キャストされるのではないかと考えていた。

ドラマ「バットウーマン」シーズン2は2021年1月より米放送予定。

created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥2,860 (2021/11/29 19:14:43時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す