CBRより

映画「スーサイド・スクワッド」の監督であるデヴィッド・エアーは、ファンが提供した「ジョーカー」の外観に関するコミックからの参照元がすべて正しいことを確認した。

ジョーカーの描写や服装など、コミックのどこから参照したのか比較する画像をファンが共有しており、「ダークナイト・リターンズ」、「バットマン R.I.P.」、「バットマン:ハーレイ・クイン」などのジョーカーのバージョンが並べられ、レトのジョーカーが似たようなポーズをとっていることが分かった。これを受けてエアーはTwitterにて、「驚くべきことだ。私がどのように見た目を構築したかを正確に追跡している。」とコメントしている。

レトのジョーカーは酷評されているが、エアーは彼の描写については擁護的な姿勢を保っている。監督は以前、「ジャレッドには心が痛む。彼は素晴らしい仕事をしてくれた。」と言及していた。劇場版でのジョーカーの描写は大きく削減されており、大きく被害を受けたキャラクターの1人となっている。

現在、映画「ジャスティス・リーグ」を途中で降板したザック・スナイダー監督によるバージョンがHBO Maxにて配信されることが発表されており、ファンから「スーサイド・スクワッド」のエアーカットを求める声が日に日に増加している。

created by Rinker
¥299 (2020/07/02 22:13:31時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,630 (2020/07/02 11:59:44時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す